ネットショップの保管・梱包・発送代行サービス|おすすめ3選比較

ネットショップの保管・梱包・発送代行サービス|おすすめ3選比較

時間が無く、商品の梱包・出荷作業に困っている方、少しでも送料を安く抑えたい方、

物流倉庫に商品を預けて、商品の注文が入れば、梱包・発送(在庫管理)などの一連の作業を代行してくれるサービスがあります。

本日は、私がおすすめしたい保管・梱包・発送代行サービス3選をご紹介したいと思います。

BASE(ベイス)

BASE (ベイス)

ベイス(BASE)は、無料で簡単にネットショップを作ることができるショッピングカートです。

BASE (ベイス)は、機能追加することで、商品保管・梱包・配送作業を全てお得な料金でアウトソーシング出来ます。

無料で使えるショッピングカート

ベイス(BASE)の人気の理由は、やはり無料でリスクなしにネットショップを開設できること。

ネットショップの作成から運営まで、初期費用・月額費用など、すべて無料で開設できます。

無料のショッピングカートは他にもありますが、商品登録数に制限があったり実質的には使えないことも。
しかしベイス(BASE)は無料で商品登録数が無制限なので、十分にネットショップが運営できます。

ショッピングカート 初期費用 月額料金 商品登録数 おすすめ
ベイス(BASE) 無料 無料 無制限 ・リスクはとりたくない方
・月額費用は払いたくない方
・デザインはこだわりたい方
・面倒な出荷作業を無くしたい方
・少しでも送料を安く抑えたい方

商品の保管・梱包・配送代行サービス

このサービスを利用することで、送料を安価で全国一律(沖縄・離島を除く)に設定できるため、送料優位性を持つことが可能となります。 さらに、BASE APPSから申込むことで商品保管料金が1ヶ月間、最大5,000円分が無料になります。

サービスの利用にかかる料金
サービスの利用には別途サービスのお申込みが必要です。
サービスは、商品保管料、物流代行料がかかります。
その他、段ボール、緩衝材、検品費用など見積もりをしてもらえます。
※商品の状況により料金が異なるため、詳細については見積もりを依頼してください。

たった1分の作業で梱包・出荷作業が完了

専用のEZLOGI管理画面から出荷したい内容を登録すると、倉庫で保管してあるショップの商品が出荷されます。

操作は簡単! BASEとシステム連携しているので、ボタン一つで出荷依頼が完了します。

ラッピングや検品も対応

希望すれば、ラッピングや検品も対応してくれます。

ネットショップを始めてみたいけど足踏みしている方におすすめです。まずは無料でベイス(BASE)から始めてみましょう。

BASE (ベイス)の保管・梱包・配送代行サービスの料金詳細は、BASE (ベイス)をご覧ください。

STORES.jp(ストアーズ・ドット・ジェーピー )

STORES.jp(ストアーズ・ドット・ジェーピー )

STORES.jp(ストアーズ・ドット・ジェーピー)は、知識がない方でも簡単に、無料でネットショップをつくることができるショッピングカートです。

STORES.jpの倉庫サービス

STORES.jpは、ショッピングカートですが、オプション機能として保管・梱包・発送代行サービスを利用することができます。

STORES.jpの倉庫サービス
STORES.jpの保管、梱包、発送業務の倉庫業については、株式会社オープンロジに業務委託しています。

無料から使えるショッピングカート

STORES.jpにはプランが2種類あり、フリープランの場合、ショッピングカートの利用料は無料です。

しかし、「フリープラン」はストアに並べられるアイテム数が5点までのため、倉庫サービスを利用して本格的にネットショップを運営するなら、プレミアムプラン月額980円(税別)にする必要があります。

それでも倉庫サービスを利用できて、この月額980円(税別)であれば高くないと思います。
コストパフォーマンスがいいショッピングカートです。

ネットショップ 初期費用 月額費用 商品登録数 おすすめ
STORES.jp
フリープラン
無料 無料 5点まで ・売るものが少ししかない方
・まずは始めてみたい方
・STORES.jpのロゴが気にならない方
STORES.jp
プレミアムプラン
無料 980円(税別)
※1
無制限 定期購入機能を利用する方
・保管・梱包・発送業務の代行サービスを利用する方
・STORES.jpのロゴは非表示にしたい方
・本格的なストア運営したい方

※1 プレミアムプランを初めてご利用の方のみ初月無料

STORES.jpのダッシュボードから簡単操作

通常商品を自分で梱包、発送しない場合は、外注のサービスと契約する必要があります。

しかしSTORES.jpで代行サービスを導入すれば、商品を指定された倉庫に送るだけ。売れたら発送指示をSTORES.jpのダッシュボードから操作するだけなのでスムーズです。

倉庫サービスの利用にかかる料金
STORES.jpの倉庫サービスは、初期費用・月額固定費が一切かかりません。
※入庫料、保管料、配送料はかかります。商品サイズによって違う料金設定です。

物流サービスを使った分だけ支払う形なので安心です。期間限定や短期集中などでも利用可能です。

商品を自分で発送せず、外注のサービスを使おうと思っている方にとっては、とても有利なショッピングカートと言えます。

STORES.jp倉庫サービスの料金詳細は、STORES.jpをご覧ください。

フルフィルメント by Amazon (FBA)

フルフィルメント by Amazon (FBA)

Amazonが代行する物流サービス

フルフィルメント by Amazon (FBA)とは、商品の保管から注文処理、配送、返品対応までをAmazonが代行するサービスです。

Amazon以外の販売経路でも利用可能

FBAマルチチャネルサービスとは、自社のオンラインサイトや実店舗、オンラインショッピングモール店舗(楽天市場やYahoo!ショッピング)など、Amazon以外の販売経路などで販売している商品の出荷・配送・在庫管理までを、Amazonが代行して運用する物流サービスです。

Amazonの配送スピードと丁寧な梱包を、どの販売サイトでもすぐに利用できます。

FBAを利用するには、事前に大口出品サービス(月額4,900円(税抜) + 販売手数料)への登録が必要です。

Amazonの出品サービス料金プラン

モール型ネットショップ 初期費用 基本成約料 販売手数料 カテゴリー成約料
Amazon 小口出品 無料 成約料
1点ごとに100円
8%~45% 本・ミュージック・ビデオ・DVD
大口出品 無料 月間登録料
4,900円(税抜)
8%~45% 本・ミュージック・ビデオ・DVD

面倒な初期設定や固定費は一切不要。出品管理ツール(セラーセントラル)からの出荷依頼だけで簡単、手軽に利用できます。複数の販路で商品を販売されている方、多店舗展開や販路拡大を検討中の方、物流のアウトソーシングをお考えの方におすすめのサービスです。

料金がかかるのは下記のみ

FBAの利用にかかる料金
1.販売時の出荷・梱包・配送に対して課金される「配送代行手数料」
2.出品者様の商品を保管、管理するための「在庫保管手数料」

配送代行手数料は全国一律料金
どの地域でも、出品者様への追加料金は発生しません。

在庫管理の最適化

配送後のカスタマーサービスや返品受付もAmazonが対応

前の2サービスと違う点は、配送後のカスタマーサービスや返品受付もAmazonが出品者様に代わり、迅速かつ丁寧に対応してくれます。配送後のカスタマーサービスや返品受付は、出品者様に対する購入者の満足度を大きく左右します。

その他の物流倉庫・発送代行サービス

今回おすすめした3つのサービス以外に、数多くの物流倉庫・発送代行サービスがあります。

利用状況によっては、他社のほうが安くなる場合もありますので、比較することをおすすめします。

とは言え、数多くの物流倉庫・発送代行を一つ一つお問合せをして比較するのは、膨大な時間がかかってしまいます。

そんな時は、物流倉庫・発送代行を一括でお問い合わせができるサイトを利用することをおすすめします。

料金も一切かからない完全無料なので、安心してお問合せができます。

発送商品のカテゴリーと月間出荷個数を選んで簡単一括お問合せができます。

物流倉庫・発送代行の比較・一括お問い合わせサイト
物流倉庫一括.jp

物流倉庫一括.jpは、国内最大級の提携数なので、最適な最適なアウトソーシング先を見つけることができます。

まとめ

本日は私のおすすめの保管・梱包・発送代行サービスをご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?

商品や状況によって、保管・梱包・発送代行サービスを見つけてもらえれば幸いです。