費用はどこが安い?カラーミー・Yahoo!ショッピング・BUYMAで比較

費用はどこが安い?カラーミー・Yahoo!ショッピング・BUYMAで比較

私は現在、カラーミーショップYahoo!ショッピングBUYMAの3店舗のネットショップで出店しています。

果たしてこの3店舗では、ネットショップにかかる費用はどこが一番安いのでしょうか?

ランニングコストは、一カ月にいくらの商品が何個売れるかによっても違ってくるため、一概にどこが一番安いかを比較するのは難しいと思います。

そこで今回は、それぞれのネットショップで、クレジット決済を使って一カ月に1万円の商品が10個売れた場合と30個売れた場合を仮定して、固定費、手数料(成約料、Tポイント原資、アフィリエイト手数料等)、決済手数料などをひっくるめたランニングコストを計算してみました。

ネットショップの固定費・手数料一覧

まず下記は、それぞれのネットショップでかかるランニングコストの一覧です。

現在私が支払っている固定費・手数料で計算しています。

ネットショップ 固定費 クレジットカード決済手数料 その他手数料
カラーミーショップ
エコノミープラン
月額料金
900円
イプシロン(カラーミーペイメント)5.5%
Yahoo!ショッピング 無料 3.24%(非課税) Tポイント原資負担:2.5~16.5%
アフィリエイトパートナー報酬原資:1%~50%(1%は必須)
アフィリエイト手数料:アフィリエイトパートナー報酬原資の30%
BUYMA(バイマ) 無料 5.4%(購入者負担) 成約手数料5%~7%+消費税0.4%~0.56%(成約手数料に対する消費税8%)
※原則としては一般出品者は7.56%

 

ここで注意する点として、仮に10,000円の商品を出品した場合、カラーミーショップとYahoo!ショッピングは10,000円で購入者が商品を購入できるのですが、BUYMA(バイマ)の場合、カードシステム利用料5.4%を購入者が負担するため、10,540円で購入することになります。

この点ではBUYMA(バイマ)が一歩不利なような感じです。

1カ月に1万円の商品が10個売れた場合

ネットショップ 固定・手数料 入金額
カラーミーショップ 固定費 900円
決済手数料 5,500円
手数料合計 6,400円
93,600円 2位
Yahoo!ショッピング 決済手数料 3,240円
ポイント原資 2,500円
アフィリエイト原資 200円
アフィリエイト 60円
手数料合計 6,000円
94,000円 1位
BUYMA(バイマ) 成約手数料 7,560円
手数料合計 7,560円
92,440円 3位

 

クレジット決済を使って、一カ月に1万円の商品が10個売れた場合は、どのネットショップもそれほど差がないものの、Yahoo!ショッピングに軍配が上がりました。

2016年「Yahoo!ショッピング」のポイント原資負担料率が1%から2.5%に変更され、出店者にどのような影響があるのかと思っていましたが、それでも一番安い費用(ランニングコスト)となっています。

注意点として、Yahoo!ショッピングのアフィリエイトパートナー報酬原資を私は一番低い1%に設定しています。また、アフィリエイト経由で商品が購入される割合は、月によっても出店者によっても違いますが、今回は仮に2割として計算しています。

アフィリエイトパートナー報酬原資をもっと高く設定した場合は、アフィリエイト経由で商品が購入される割合も増えるので、手数料も増えると思われます。しかし、売れる数も多くなると思いますので、どちらがいいのかは計算してみないとわからないです。

今回は私の場合の手数料で計算しています。

Yahoo!ショッピングのアフィリエイトパートナー報酬原資とは?

アフィリエイト経由で商品が購入された場合のみ、費用がかかります。

負担率は、販売商品価格(税抜)の1%~50%(1%は必須)で、出店者が最低1%以上で負担率を自由に設定できます。

1カ月に1万円の商品が30個売れた場合

ネットショップ 固定・手数料 入金額
カラーミーショップ 固定費 900円
決済手数料 16,500円
手数料合計 17,400円
282,600円 1位
Yahoo!ショッピング 決済手数料 9,720円
ポイント原資 7,500円
アフィリエイト原資 600円
アフィリエイト 180円
手数料合計 18,000円
282,000円 2位
BUYMA(バイマ) 成約手数料 22,680円
手数料合計 22,680円
277,320円 3位

 

クレジット決済を使って、一カ月に1万円の商品が30個売れた場合は、カラーミーショップがYahoo!ショッピングを逆転し、一番安い費用(ランニングコスト)となりました。

売れる数が増えれば増えるほど「カラーミーショップ」のほうが安くなります。

この理由は、売れれば売れるほどモール型の販売手数料は増えていくのに対し、独自ネットショップのカートレンタル費用は毎月一定額だからです。

私は、モールと平行して独自ネットショップは絶対始めるべきだと思っています。

独自ネットショップのショッピングカートには無料から有料まで様々な価格帯のプランがあります。

是非自分のショップの規模に応じたショッピングカートを見つけて、すぐに始めてほしいと思います。

2018年版|独自ネットショップのショッピングカートを徹底比較!