クラウドテックの評判と感想「在宅Webデザイナー案件はあるの?」

クラウドテックの評判と感想「在宅Webデザイナー案件はあるの?」

私は、現在フリーランスとしてWebデザイナーとして活動しながら、ネットショップ、アフィリエイト、ドロップシッピングなど自分に合った働き方で収入を得ています。

フリーランスとして働き始めて3年になります。

先日まで働いていた週3日派遣を「契約終了」にされてしまい、複業の収入源の一つが失わたことに焦り、様々なフリーランス向け求人サービスに登録しました。

本日は、その中のひとつ「クラウドテック」に実際に登録した感想を書きたいと思います。

フリーランス向け案件情報エージェントは数多くあるものの、Webデザイナー向け、リモート、週3日・週4日などの案件となると、実際にはとても少ないのが現状です。

登録しても自分にマッチしたエージェントでがなかった・・・という事にならないように今後の参考にしてもらえれば幸いです。

「クラウドテック」について

クラウドテック

クラウドテック」は、フリーランスで働きたい・独立して業務委託として働きたい人のための求人サイト。

クラウドテックは、株式会社クラウドワークスが運営するフリーランスエンジニアとクリエイター向けのフリーランスエージェントサービスです。

「クラウドテック」の特徴
  1. 週3日・週4日などの案件が多数ある
  2. 取扱案件の33%がリモートワーク
  3. 自由な働き方を実現できる
  4. 常駐タイプや、常駐からリモートワークへ移行するタイプ、フルリモートタイプなど幅広い
  5. 未経験OKのフリーランス案件もある

クラウドワークスとの違い

「クラウドワークス」は、主婦、副業、フリーランスなど様々な人が仕事をするのに対し、「クラウドテック」はある程度のスキルを持った人が対象といった感じです。

と言っても「クラウドテック」は、希少ですが未経験OKの案件、初めてのフリーランスでもOKな案件もあるのです。

クラウドテック

クラウドワークス:主に請負契約、短期案件中心、オンラインマッチング
クラウドテック:準委任契約、長期案件中心、エージェントマッチング
クラウドテック
「クラウドテック」は、クライアント(企業)がクラウドテックに仕事を委託し、クラウドテックからワーカーに対して、再委託という形で仕事を提供するサービス。
クラウドワークス
「クラウドワークス」は、発注者(クライアント)と受注者(ワーカー)との間で直接契約を交わして、オンライン上で仕事のやり取りを行うサービス。

リモートワーク案件が多数あるの?

私は様々なフリーランス向け求人サービスに登録しましたが、圧倒的に週5フルタイムの常駐案件が多いです。

せっかくフリーランスとして働くのですから、リモートで働きたいと思う方が多いと思います。

案件の約20%がリモート移行可能

そんな中、クラウドテックは、下記のように約20%がリモート移行が可能な案件です。

常駐:リモート移行比率 = 4:1

全体の20%がリモート移行案件というのは、印象としてはそれほど多いとは言えないものの、他のエージェントに比べると自由度が高いエージェントと言えると思います。

リモート案件の状況をみてみると

  • リモート稼働も可能な案件であっても、オフィスに常駐での稼働も大歓迎
  • スキル・経験に応じてリモート移行相談
  • 一部リモート勤務可

など、案件によって様々なようです。

週3日・週4日案件が多数あるの?

また、稼働日数についてもそうですが、派遣もフリーランス向け求人サービスも圧倒的に多いのが「週5フルタイム」での働き方です。

一度契約が終了してしまうと、週3日で働ける場所を見つけるのはとても難しいです。

全体の約3割が週4日以下の案件

そんな中、クラウドテックは、下記のように全体の約30%が週4日以下の案件です。

週5:週4以下比率 = 2:1

3件に1件が週4日以下の案件となると、かなり多い印象です。

Webデザイナーの案件が多数あるの?

フリーランス向け求人サービスは数多くあるものの、Webデザイナーの案件は実際にはとても少ないです。

私も多くの案件情報エージェントに登録してきましたが、わざわざ登録してもクリエイティブ系は10%以下ですと言われてしまい、門前払い状態のエージェントも多々ありました。

それに比べて「クラウドテック」は、全体の約29%がWebデザイナーの案件です。

登録から面談までの流れ

クラウドテックに登録すると、まず「クラウドテック」との面談があります。

面談の方法は、訪問、ビデオ面談、電話と選択できます。

私は電話を選択しましたが、ビデオ面談という形で実施したいとメールがあり、結局ビデオ面談となりました。

ビデオ面談のツールはAppear.inというツールを使用して、面談時間にツールを立ち上げていれば、面談担当者が現れるというもの。

Appear.inとは
Appear.inとは、登録不要でURL発行のみでビデオチャットができる便利ツール

私の場合は、面談時間にツールを立ち上げても、面談担当者が現れず、相当焦りました。なんとか無事ビデオ面談完了しました。

面談時間は約30分~1時間で、面談内容は下記の感じです。

  1. クラウドテックのサービス概要説明
  2. 今回探される案件のご希望条件
  3. これまでのご経験やスキルについて
  4. 常駐タイプや、常駐からリモートワークへ移行するタイプ、フルリモートタイプなど幅広い

案件の紹介方法は2パターン

案件の紹介方法は2パターンあります。

  1. 掲載案件の中から自分でエントリーして応募
  2. 人物ベースでの推薦によるクライアントからの面談希望

自分でエントリーして応募

まず一つ目が、web掲載案件の中から自分が気に入ったお仕事をエントリーする方法。

クライアントから面談の依頼があれば、面談に進みます。

推薦によるクライアントからの面談希望

二つ目が、経験やポートフォリオ等をクライアントに開示して、クライアントからの面談希望がある方法。

こちらはクライアントに自分の経歴を開示しても可能かどうか聞かれるので、開示OKの方のみ開示されます。

クライアントから面談希望があった場合、クラウドテックから面談依頼のメールが来ます。

私の場合、登録して翌日に面談依頼のメールが来ました。

経験やポートフォリオ等をクライアントに開示にした場合、Webデザイナーの案件を結構紹介してもらえる状況です。

クライアントに開示することをおすすめします。

まとめ

クラウドテック

以上が私がクラウドテック」に実際に登録した感想です。

「クラウドテック」はフリーランス向け求人サービスの中でも、Webデザイナー向け、リモート、週3日・週4日などの案件の割合が多いエージェントでした。

このように私と同じような案件を探している方には、まず初めに登録しておいて間違いないエージェントだと思います。

登録してクライアントに開示することをおすすめです。

リモートワーク案件、週4日、週3日案件を探している方におすすめです。