個人ネットショップは本当に稼げるのか?どのくらい儲かるのか?

個人ネットショップは本当に稼げるのか?どのくらい儲かるのか?

個人ネットショップは本当に稼げるのか?そしてどのくらい儲かるのか?

皆さん疑問に思われるでしょうネットショップの収入の実情。
本日はそんな疑問にお答えしたいと思います。

ネットショップ運営は個人副業レベル

私は普段下記のような複数の仕事をしながらネットショップを運営しています。

  1. ネットショップ
  2. ドロップシッピング
  3. アフィリエイト
  4. 週3日派遣でWebデザインの仕事
  5. 仕事が入ればフリーランスのWebデザインの仕事

週3日で派遣の仕事に行きながら、空いた時間にアフィリエイトをし、ごく稀にフリーランスの仕事が入ればあいた日に仕事をし、ネットショップの商品が売れたら当日中に梱包して発送するといった感じです。

自宅の一室を在庫置き場にして、商品の在庫管理、梱包から発送まで、全て一人で行っています。

このように私は、個人の副業レベルでネットショップを運営しています。

私のネットショップの収入は?

ネットショップの売れ行きとしては、年間を通してみるとすごくバラつきがあります。

私のショップでは毎年12月が一番稼ぎ時で、今年は1月が一番売れない月でした。

私の場合、ネットショップの純利益で言うと

少ない月の利益

少ない月で8万円くらいの利益

多い月の利益

多い月で25万円くらいの利益

ざっとこんなところでしょうか。

これを稼げると捉えるのか、稼げないと捉えるのか。

多分人によって感じ方は違うと思います。

これだけの収入では生活するには心もとないと思いますが、私は他の仕事と複業していますので、ネットショップの収入に関しては結構満足しています。

ネットショップにかかる労力は?

基本的には労力はかからない

ネットショップは労力がかかる割に、稼げる額がそれほど大きくないと言われることもありますが、いろんなビジネスを試した私から言うと、基本的には一番労力がかからないビジネスだと思っています。

注文が入れば梱包して発送して定形メールを送る単純作業の繰り返しです。

ただし、これは基本的にという事です。

トラブルが起こると一変

単純作業の繰り返しばかりではありません。

一見楽に見えますが、ひとたびトラブルが起こると、大変な労力を要します。

このトラブルがあった時のコミュニケーション能力がかなり必要で重要になります。

こちら側にミスがなくても、いろんな要素があるため、トラブルやミスは避けることはできません。
問題が起こると、あっちこっちに何度も連絡のやり取りをし謝罪もすることになります。

このやり取りがかなりの気力を消耗します。

しかし、これはどんなビジネスにもあることだと思います。

高収入を得られるかはあなたのやり方次第!

私の場合は、個人の副業レベルで自分ができる範囲でしか商品を仕入れません。

手広く数や種類を増やし、倉庫を借り梱包発送を外注化することもできますが、私の場合は仕入れリスクのデメリットのことを考えて、売れた分のみ少しずつ仕入れるという方法を取り、またドロップシッピングを織り交ぜながら細々と運営しています。

私の収入はあくまで参考までで、やり方次第でもっとたくさん稼いでいる方もたくさんいると思います。

  • どこで仕入れるか
  • どこで売るか
  • 多店舗展開するか
  • どんな商品を扱うか
  • どれだけ仕入れるか

いろんなやり方次第で個人の副業レベルでも収入は違ってくるかと思います。

最初に始めるべきは物販ビジネス

初心者におすすめ

私は人間関係が大の苦手で仕事が続かず、副業としてアフィリエイトやポイントサイトなども何をやっても上手くいきませんでした。

そんな私が副業として始めた物販ビジネスだけが軌道にのり、今現在も細々と続けています。現在は新たなビジネスも少しずつ収入になるようになりました。

初心者の人がきっかけをつかみやすいビジネスなのかもしれません。

ネットビジネスの中でも物を売る物販ビジネスから初めて、アフィリエイトや情報販売へとステップアップしていくことが成功者の常識で、ネットビジネス初心者がまず最初に始めるべきビジネスと言われています。

ネットショップの種類

ネットショップとは、物品販売のことで物を売る物販ビジネスということです。

物販ビジネスには、販売する場所や販売方法、仕入れの方法(せどり、転売、輸入等)など広い意味では様々な種類があります。

自分に合った方法を見つけて、少しずつ多店舗展開していくことがおすすめです。

私も複数のモールと独自ネットショップ、オークションやフリマなど商品に合わせて、出品先や方法を変えて出品しています。

モール型ネットショップ

ネットショップ

楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazonなどのショッピングモールに出店するネット販売。モールのメリットは、商品の量や種類が豊富なので、集客力が特に優れていることです。まずはショッピングモールに出品することがおすすめです。

独自ネットショップ

ネットショップ

独自ネットショップは、モールに属さず単独でショップを構築・運営するネットショップ。モール型ネットショップで慣れてきたら、次は多店舗展開で独自ネットショップの出店を考えたいものです。販売手数料がかからず、価格競争に巻き込まれにくい独自ネットショップで売上アップを目指したいです。

ネットオークション

ネットオークション

これからネット販売を始めたい人は、まずはネットオークションから始めてみるのがオススメです。サイトを運営する手間がなく集客力があるため、誰でも簡単にネット販売が始められます。まずは家にある不用品を売ることから「人に物を売る」経験をしてみてください。

ドロップシッピング

ドロップシッピング

在庫を持たなくてもネットショップを運営できる「ドロップシッピング」。メーカーやドロップシッピング専門事業者から直接顧客に商品を発送する資金ゼロ・リスクゼロではじめられるビジネスです。物販のリスクが不安で踏み出せない方は、まずはドロップシッピングが始めやすいでしょう。

ネットフリマ

ネットフリマ

オンライン上にてフリーマーケットのように、主に個人間による物品の売買を行えるサービス。ネット販売を始めるならネットフリマから始めてみるのがオススメです。まずは家にある不用品を売ることから「人に物を売る」経験をしてみてください。

ハンドメイドネット販売

ハンドメイドネット販売

物作りが好きな人は、自分で作ったハンドメイド作品を販売することで、趣味と副業を兼ねて収入を得ることができます。

デジタルコンテンツ販売

デジタルコンテンツ販売

写真・テキスト・音楽・動画・ゲームソフト等のデジタルコンテンツをダウンロード販売ができるショップ。メリットは在庫リスクゼロ、発送業務なしで自動収益が作れることです。