ネットショップの種類

ネットショップの種類

このページでは、ネットショップの種類を紹介しています。

ネットショップとは、物品販売のことで物を売る物販ビジネスのことです。

物販ビジネスには、販売する場所や販売方法、仕入れの方法(せどり、転売、輸入等)など広い意味では様々な種類があります。

自分に合った方法を見つけて、少しずつ多店舗展開していくことがおすすめです。

複数のモールと独自ネットショップ、オークションやフリマなど商品に合わせて、出品先や方法を変えることがネットショップのコツです。

ネットショップ(物販ビジネス)

モール型ネットショップ

ネットショップ

楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazonなどのショッピングモールに出店するネット販売。モールのメリットは、商品の量や種類が豊富なので、集客力が特に優れていることです。まずはショッピングモールに出品することがおすすめです。

もっと詳しくみる >>>

独自ネットショップ

ネットショップ

独自ネットショップは、モールに属さず単独でショップを構築・運営するネットショップ。モール型ネットショップで慣れてきたら、次は多店舗展開で独自ネットショップの出店を考えたいものです。販売手数料がかからず、価格競争に巻き込まれにくい独自ネットショップで売上アップを目指したいです。

もっと詳しくみる >>>

ネットオークション

ネットオークション

これからネット販売を始めたい人は、まずはネットオークションから始めてみるのがオススメです。サイトを運営する手間がなく集客力があるため、誰でも簡単にネット販売が始められます。まずは家にある不用品を売ることから「人に物を売る」経験をしてみてください。

ドロップシッピング

ドロップシッピング

在庫を持たなくてもネットショップを運営できる「ドロップシッピング」。メーカーやドロップシッピング専門事業者から直接顧客に商品を発送する資金ゼロ・リスクゼロではじめられるビジネスです。物販のリスクが不安で踏み出せない方は、まずはドロップシッピングが始めやすいでしょう。

もっと詳しくみる >>>

ネットフリマ

ネットフリマ

オンライン上にてフリーマーケットのように、主に個人間による物品の売買を行えるサービス。ネット販売を始めるならネットフリマから始めてみるのがオススメです。まずは家にある不用品を売ることから「人に物を売る」経験をしてみてください。

ハンドメイドネット販売

ハンドメイドネット販売

物作りが好きな人は、自分で作ったハンドメイド作品を販売することで、趣味と副業を兼ねて収入を得ることができます。

デジタルコンテンツ販売

デジタルコンテンツ販売

写真・テキスト・音楽・動画・ゲームソフト等のデジタルコンテンツをダウンロード販売ができるショップ。メリットは在庫リスクゼロ、発送業務なしで自動収益が作れることです。