ネットショップの一元管理におすすめの多店舗連携サービス

ネットショップの一元管理におすすめの多店舗連携サービス

売上アップを狙って複数のネットショップに出店したけど、少人数で運営していて管理に悩むことがありませんか?

複数の店舗運営している場合、同時に管理しなければならず、すでに欠品になっている商品の注文を受け付けてしまうなど、さまざまなリスクが発生する可能性があります。

そこで本日は、ネットショップ運営を効率化するために、受注・在庫・商品ページの管理を低コストで一元管理できる連携サービスをご紹介します。

これから導入を検討されている方は参考にしてみてください。

多店舗連携サービスとは?

楽天市場やYahoo!ショッピング、Amazonなどのモールと独自ネットショップなど多店舗運営する場合、注文情報や在庫情報を各ショップごとに管理するのは、時間だけでなくコストも増えてしまいます。

そんな悩みを解決する強い味方が「複数ネットショップ一元管理サービス」です。

どんなミスが起こる可能性が?

手動で行う在庫管理

1店舗だけを運営している時は問題ないのですが、複数のネットショップ運営で多店舗連携ツールを使っていない場合、複数のネットショップの管理画面の在庫に手動で数を入力する必要があります。

在庫管理ミスが発生

例えば在庫が1個しかない商品に対して、私の場合はそれぞれのショップの管理画面に1個ずつ在庫入力をしているのですが、同時に注文が入る可能性や、商品が売れるたびに各ネットショップの在庫更新を手動で行わなければなりません。

私も過去に何度か在庫切れにも関わらず、在庫をゼロにするのをわすれた状態で注文が入ってしまい、大変な事になった経験があります。

お客様と連絡が取れない

BUYMAの場合、トラブル発生時サポートが履歴を見れるように、基本的にメールでのやり取りを推奨されています。

そのため、こちらからメールをしてもお客様からメールの返信がない場合、メール受信されていないのか、伝わっているのかもわからず、勝手にキャンセルすることもできないため、そのまま時間だけが経過し大変心配な状況が続きました。

お客様に電話をする場合も

Yahoo!ショッピングの場合は、ストアの運営方針、お客様対応方法は、各ショッピングストアの出店者に任されています。

別のメールアドレスから連絡する、または電話や郵送など、さまざまな連絡手段を利用して連絡する必要があります。

お客様が到着日を指定されていたため、すぐに在庫切れの状況を伝えなければならず、電話という連絡手段を取らざるを得ない状況になってしまいました。

しかし、電話は最悪の事態以外は避けたいものです。

クレームにならないために

こうしたトラブルが起こった場合、お客様へのお詫びやクレーム対応などが大変です。

このような停滞した案件が蓄積している状態が、一番ストレスになります。

私もそろそろ多店舗連携ツールが必要になってきたようです。

こうしたお客様へのお詫びやクレーム対応を避けるために、多店舗連携サービスが必要になるのです。

多店舗連携サービス

一元管理サービス 初期費用 月額費用 機能と特長
TEMPOSTAR(テンポスター) 無料 10,000円~ ・使いやすく分かりやすい管理画面
・使い方・設定・導入を店舗ごとに専属サポート
・複数店舗の受注情報を一つに集約
・複数店舗間の「在庫数」を自動調整し、売れ残り、売り越しをゼロに

TEMPOSTAR(テンポスター)

TEMPOSTAR(テンポスター)

豊富な実績

TEMPOSTAR(テンポスター)は、複数ネットショップ店舗の運営業務を効率化させる、複数ネットショップ一元管理サービスです。

導入3,500社以上、12年間以上の運営という豊富な実績があります。

ネットショップ運営を効率化

楽天・Amazon・Yahoo!ショッピング、ヤフオク!などの各モールや 自社ネットショップなどを、1つの画面で管理。

複数店舗の受注・在庫・商品を一元管理し、店舗運営業務を大幅に効率化することができます。

安心・充実のサポート

メール、電話での対応から、各種勉強会、webマニュアルなど充実のサポート​体制です。

使い方・設定・導入を店舗ごとに専属サポートしてくれるので、安心して導入・運用を開始することができます。

運用開始後も、活用セミナーや勉強会なども随時開催しているので、その都度対面して疑問点を聞く事ができます。

商品情報を一括管理

TEMPOSTARに登録するだけですべてのモールに一括反映。登録後の情報更新も一括で。イベント開始タイミングに合わせた予約反映も可能になります。

ネクストエンジン