ネットショップやアフィリエイトなどネットビジネスに関わる全ての情報を箱の中に詰め込みました!

  1. TOP
  2. ネットショップ
  3. ネットショップの特定商取引法に基づく表記に住所、氏名、電話番号

ネットショップの特定商取引法に基づく表記に住所、氏名、電話番号

ネットショップの特定商取引法に基づく表記に住所、氏名、電話番号

私がネットショップをスタートするにあたって、一番心配だったことが「特定商取引法に基づく表記」の部分でした。

私はネットショップスタート時点で、オフィスもショップ専用の電話番号も持っていなかったため、個人の住所、氏名、電話番号をネット上に掲載しても大丈夫だろうか?と、とても心配でした。

表記することが不安で開業を諦める人も結構多いようです。

私もそんな一人でした。

特定商取引法とは?

特定商取引法とは、消費者トラブルが生じやすい特定の取引を対象に、トラブルを防止するためのルールを定めている法律です。

ネットショップを運営する場合、「住所」「電話番号」「運営統括責任者名」等、指定された項目はネット上に表示する義務があります。

また、表示義務内容を記載することで、お客様の安心感を高め、トラブルを未然に防ぎます。

特定商取引法の規制対象となる「通信販売」には、インターネットも含まれます。

特定商取引法は絶対に表記しないといけないの?

ネットショップを運営する場合、指定された項目はサイトに表示する義務があります。

しかし絶対に表示しないといけないのでしょうか?

消費者庁が運営する、特定商取引法ガイドというサイトを参考にすると、省略はできると記載されています。

特定商取引法ガイド

特定商取引法を表記しない場合の問題点

ショップの信頼性

しかしよく考えてみると、自分が購入する立場だった場合、個人情報を表記していないような信頼性のないショップから商品を買いたいと思うでしょうか?

やはりネットショップを始めるなら、「住所」、「氏名」、「電話番号」が堂々と表記できるような状態でスタートしたいものです。

決済導入時に審査される

クレジット決済やコンビニ決済等の決済サービスを導入する時に、特定商取引法に基づく表記がショップ上に掲載されているか、決済代行会社による審査があります。

特定商取引法に基づく表記がショップ上に掲載されていないショップは、決済方法も導入することができません。

【解決策1】表記しなくていいネット販売から始める

これは、実際私がとった方法です。

「個人の住所」、「氏名」、「電話番号」をネット上で表記するのが心配で、ネット販売をスタートして約1年間は表記しなくていいショップでのみ出品することにしました。

まずは表記しなくていいネット販売からスタートして、少しずつ安心な方法を見つけながら、ショップを広げていったのです。

以下の通販サイトやオークション、フリマが、条件によって「特定商取引法」の表記が不要になります。
※インターネット・オークションにおける「販売業者」に係るガイドラインがあり、それぞれの条件によって全ての方に表記が不要とは限りません。

BUYMA(バイマ)

BUYMAでは、サイト上に販売者情報は表示されません。

BUYMAは、「販売事業者」に該当する場合のみ、特定商取引法に関する表記および、その他の義務を遵守することが求められます。

「販売事業者」とは?
1 購入可能な商品数が100点以上の方
2 月間の到着金額が100万円以上の方
3 年間の到着金額が1000万円以上の方
4 その他-インターネット・オークションにおける「販売業者」に係るガイドラインに基づく条件に該当する場合

BUYMAにおける特定商取引法の規定について

購入可能な商品数が100点以上になるまでは、表記の義務なく販売できるということです。

また仮に「販売事業者」になっったとしても、BUYMAサイト上に販売者情報を表示することは”省略”されています。

消費者の方より特定商取引法に基づき販売事業者(出品者)情報の開示申請があった場合、販売事業者に該当するとBUYMAが判断した場合に限り、販売者情報を申請者へ開示されるのです。

これだったら「販売事業者」でも安心ですね。

ヤフオク!

ヤフオク!も通常のネットショップのように、常に「特定商取引法に基づく表記」が掲載されている訳ではないため、取引がない場合は販売事業者情報を知ることはできません。

ヤフオク!の取引では、落札者から取引情報の連絡があると出品者情報を自動的に開示されます。

オークション出品時の「オプション設定」で【出品者情報開示前チェック】を設定すると、自動的に開示せず、落札者の取引情報入力後に取引ナビ上で手動開示するステップが追加されます。

ヤフオク!ヘルプ 商品情報入力【オプション設定】

これだったら安心ですね。

ヤフオク!への出品はこちら

メルカリ

【解決策2】IP電話を契約する

約1年間は、BUYMA(バイマ)とヤフオク!でだけ出品していた私ですが、次に多店舗出店へと展開していったのです。

Yahoo!ショッピングやカラーミーショップ等、ほとんどのネットショップでは、「特定商取引法に基づく表記」の指定された項目は表示する義務があります。

当然まずは、ショップ専用の電話番号が必要になってきます。

1台のスマホで個人用とショップ用の電話番号

そこで、いろいろ調べた結果、今現在使用しているスマートフォンに050番号付与のIP電話アプリを契約することにしたのです。

こうすることでスマートフォンを2台持つことなく、1台のスマホで個人用の090からの番号とショップ用の050番号を使用することができるのです。

ネットショップにかかってくる営業電話

ショップ専用の電話番号を持ってからわかったことですが、特にYahoo!ショッピングで出店するとかなりの数の営業電話がかかってきます。

対処法がわかるまで、いろんな方法を取るわけですが、これが個人の電話で共有していると大変なことになってしまいます。

050番号付与のIP電話なら、月額料金が無料~300円程度で持てますのでオススメです!

050番号付与のIP電話アプリ比較

サービス名 月額基本料 【国内通話料】
固定電話
携帯電話
有料050
PHS
ポイント
050 plus 300円 8.64円/3分
17.28円/1分
8.64円/3分
10.8円/1分
携帯電話と固定電話の通話料がお得。留守番電話がメールで届く。
FUSION IP-Phone SMART 0円 8円/30秒
8円/30秒
8円/30秒
8円/30秒
IP-Phone SMARTは初期費用・月額料金・留守番電話・着信転送・非通知・指定番号の着信拒否の機能が全て0円。発生する料金は通話料のみです。ただし約款によると、12ヶ月課金がないと自動解約になることもあるらしい。
LaLa Call 100円 8円/3分
8円/30秒
7.4円/3分
20円/1分
留守番電話のメールへの音声添付機能を使えば、メールアドレスに音声ファイルを送ることができる。

【解決策3】バーチャルオフィスをレンタルする

バーチャルオフィスとは、実際にオフィスそのものを借りるわけではなく、住所や電話番号のみを借りることです。

最大のメリットは、住所や電話番号のみを借りるため、費用を必要最小限に抑えられることです。

インターネットにバーチャルオフィスの住所を表記できるのはもちろん、郵便物等を代理で受け取ってもらえらり、自宅の住所へ転送してくれるサービスもあります。