Webデザイナーは本当に人と関わらず一人でできる仕事なのか?

Webデザイナーは本当に人と関わらず一人でできる仕事なのか?

最近「人と関わらずにできる仕事」を探している人が多いようです。

私自身も人間関係が苦手なため、どこに働きに行っても必ず人間関係でつまづき、苦労し悩み続けました。

そんな私が悩みぬいた末、探し出した職業がWebデザイナー。

本日は長年、派遣やフリーランスとしてWebデザイナーで働いた経験から、お話したいと思います。

果たしてWebデザイナーは本当に人と関りが少ない仕事なのでしょうか?

様々なタイプのWebデザイナー

Webデザイナーの仕事と言っても、デザイナー、プログラマー、コーダー、ディレクターと仕事がチーム分業化されている場合と、一人で全てを専業する場合があります。

また会社員、派遣、アルバイト、フリーランスなど、働き方も様々。

本日は私が経験した下記3つのタイプに分けて、それぞれ「人と関わらずにできる仕事」なのか、私の思うことを書いていきたいと思います。

私が経験したWebデザイナー
  1. 【派遣】一人で全て担当する専業の場合
  2. 【派遣】チーム分業の場合
  3. 【フリーランス】一人で全て担当する専業の場合

【派遣】一人で全て担当する専業の場合

まずは、派遣で一人でWebサイトを制作するタイプの仕事。

専業制
派遣先の職場にWeb関係の知識がある人がおらず、デザイナー、プログラマー、コーダーとトータルでWeb制作を一人で担当するパターンです。

私はこのタイプの派遣が一番期間も長く経験しています。3つのタイプの中でも私が一番自分に合っていると思う働き方です。

当然仕事に関する専門的なことをアレコレ口出しする人はいませんので、仕事に関してはとても楽です。

しかしWeb業界とは全く別業種に一人ポツンと入るため、周りは接客などチームを組んで忙しく仕事をする中、一人別世界にいるような孤独感が常にありました。

恐らく私の性格的な影響から、孤独をストレスに感じすぎている部分もあると思います。

周りが話をしているのに、会話についていけない辛さが常にありました。

私はそもそも職場に出勤し机を並べて仕事をしている以上、人との関わりがない仕事とは言えないと思っています。

  • お昼休み、お昼ご飯を同じ空間で過ごす
  • 会社の行事がある
  • 会社の研修がある

人が大勢いる中で、1日7~8時間机を並べて一緒仕事をすること自体に、私はストレスに感じていました。

人との関わりが全くないとは言えないものの、3つのタイプの中では最も人との関わりが少なく、一番ストレスも少ない楽な仕事と言えます。

当時は毎日がストレスに感じていましたが、今振り返ってみると一番いい仕事だったと思えます。

【派遣】チーム分業の場合

次に、派遣で働くチーム分業のタイプです。

チーム分業制
チーム分業制とは、職場でディレクター、デザイナー、プログラマー、コーダーがいるチームで行う仕事。

私は今現在派遣でチーム分業制のデザイン担当として仕事をしています。

机を並べて仕事をしていますが、コミュニケーションは主にメールやBacklog(バックログ)、ハングアウトとデジタル化。そして時々話をする感じです。

Backlog(バックログ)とは
Backlog(バックログ)とは、プロジェクト管理ツールです。仕事の計画・タスク管理・作業記録が書かれたツールで、それをみれば誰がどのような仕事を抱えていて、進行状況も全てわかるツール。

私はこのデジタルなやりとりが不慣れで大っ嫌いです。

とは言え、話しかけると仕事を中断されたような感じで嫌な顔をされたり、過去メールやbackログに書いていますと言われるため、話しかけることも嫌になります。

バンバンメールやバックログが送られてくるので、データの場所や状況が整理・把握しきれず、私のような人間は取り残された感じになります。

チーム分業制のWebデザイナーの場合、ディレクターと密接にコミュニケーションを取らなければならないのですが、ディレクターと相性が合わないと最悪な状況になります。

私はその最悪な感じになっていますが…。

チーム分業制のWebデザイナーは、バリバリ人と関わりがある仕事と言えます。

【フリーランス】一人で全て担当する専業の場合

実はさらにコミュニケーションが難しくなるのが「フリーランス」の場合です。

フリーランスは、職場に出勤する必要もなく自宅が作業の中心となるため、仕事中は完全に一人で自由に作業できます。

仕事中は完全に一人で自由なため、人と関わらず一人でできるように思われますが、実は全く違います。

フリーランスも専業・分業と様々あると思いますが、私の請け負う仕事は、ほとんどWordPressを導入し一からオリジナルデザインを作成するトータルに一人で制作する仕事です。

フリーランスの専業制
デザイナー、プログラマー、コーダー、ディレクターと全て一人で行わなければならないのです。

クライアントと密接に関わる「ディレクター」の部分も一手に担うため、常にコミュニケーションを取りながらの作業となります。またこのコミュニケーション手段も同じ職場内ではないため、メールや電話が中心となり伝わりづらくなります。

高いコミュニケーション能力が求められる

Webサイトというのは、業種、形態がそれぞれ違うため、クライアントによって要望も様々です。

そのため、クライアントの意図や考えを読み取り、自らの意見を使えるといった高いコミュニケーション能力が求められる仕事なのです。

「相手の伝えたいことを受け取る能力」
「自分の伝えたいことを相手に伝える能力」

これらの能力がないとクライアントの要望と違った制作物になる可能性もあります。

相手を納得させる技術

よく在宅のWebデザイナーは人と関わらず一人でできる仕事だと言われてるのを目にしますが、私は全く違うと思います。

無理難題を言われた時は、自分の意見をはっきりと伝え、クライアントに納得してもらう事も重要になります。

クライアントの言いなりになっているようでは、限られた価格の中、制作時間ばかりが取られてしまいます。

このような事が苦手な方は、全て一人で行うフリーランスの仕事は難しくなります。

まとめ

フリーランスや会社員・派遣社員のWebデザイナーとして働く場合、私はWebデザイナーは「人と関わらずに仕事をすることが難しい」と思っています。

しかしWebデザイナーは、身に付けた技術を生かし、ネットショップやアフィリエイトなど「人と関わらずにできる仕事」を始める有利なスキルだと思います。

私は「人と関わることは苦手」ですが、全く関わらない状態もストレスになるため、ネットショップやアフィリエイトをしながら上手に調整しながら、時々Webデザイン派遣で働いたり辞めたりと気楽に仕事をしています。

私のように週3日でWebデザイン派遣でしっかり稼ぎながら、いろいろな副業に挑戦することも可能です。