ビジネス専用の銀行口座はメインに「楽天銀行」を使っています

ビジネス専用の銀行口座はメインに「楽天銀行」を使っています

フリーランスや副業・複業を始めるなら、まず最初に必ず準備しておきたいのがビジネス専用の銀行口座です。

数ある銀行口座の中でも、実はそれぞれの職種に適したお得な銀行口座というのがあるのです。

また、既にフリーランスや副業・複業を始めているけど、専用の銀行口座を持っていない方や、お小遣い稼ぎには関係ないと思っている方、お得な情報がありますので、ぜひ読んでいただければ幸いです。

本日は、ビジネス用に私がメイン使っている「楽天銀行」をご紹介したいと思います。

ビジネス専用の銀行口座を作るメリット

ビジネス専用の銀行口座を作るメリットは、下記の3つ
↓ ↓ ↓
  1. 確定申告の時に管理がしやすい
  2. 職種に適したお得な銀行口座がある
  3. 口座名義に屋号を使える

確定申告の時に管理がしやすい

事業所得が下記のように超えた場合、確定申告をする必要があります。

会社に勤めていて副業で事業を運営している場合 個人事業が専業の場合
副業の合計所得が20万円を超える 事業所得が38万円を超える

既に持っている「個人銀行口座」と「ビジネス用」を併用してスタートしてしまうと、管理がとても難しくなってしまいます。

特にネット販売は、商品の発送代、梱包資材、売上の入金、仕入れ費用等、最もお金の出入りの激しいビジネスといっても過言ではありません。

このように日々お金の出入りが激しいネット販売で、既に持っている「個人銀行口座」と「ビジネス用」を併用してスタートしてしまうと、確定申告の時にとてもややこしくなり時間がかかってしまいます。

後から作ればいいと思っているかもしれませんが、途中から一つ一つの口座を変更するのはとても大変!

フリーランスや副業・複業を始めるなら、まずは「ビジネス用」の銀行口座を作りましょう。

こんな方は「楽天銀行」がおすすめ

フリーランスや副業・複業をする方にとって様々なメリット

銀行 こんな方におすすめ
楽天銀行 ・海外送金する方は、送金手数料が安い
クラウドワークスランサーズでお仕事する方は、報酬の振込手数料がお得
ラクマで出品する方は、売上金受取時の振込手数料がお得
BUYMAで出品する方は、売上金受取時の振込手数料がお得
楽天市場で出店する方は、限定特典があるのでお得
楽天アフィリエイトをする方は、報酬をキャッシュで受け取れる
・屋号入り銀行口座を作りたい方

楽天銀行は、このようにフリーランスや副業・複業をする方にとって様々なメリットがあります。

それでは、それぞれのおすすめ理由について詳しく紹介していくね!

クラウドワークス・ランサーズでお仕事するなら

クラウドワークス・ランサーズでお仕事するなら、楽天銀行で口座開設するのがお得です。

クラウドワークス・ランサーズでお仕事をした場合、報酬の受取時に振込手数料がかかりますが、他行の場合は500円(税込)かかるのに対し、楽天銀行で受け取る場合は100円(税込)になります。

クラウドソーシング 楽天銀行 他行
クラウドワークス 100円(税込) 500円(税込)
ランサーズ 100円(税込) 500円(税込)

毎回この差はとても大きいです。

クラウドワークス・ランサーズでお仕事するなら楽天銀行の口座開設が必須ですね。

ラクマで出品するなら楽天銀行

ラクマ

ラクマを始めるなら、楽天銀行で口座開設するのがお得です。

振込手数料
振込先を楽天銀行にした場合に限り、振込手数料が無料になります。※1万円以上の振込に限る
銀行 振込手数料
楽天銀行 1万円未満:216円
1万円以上:無料
その他の銀行 1件につき216円

1万円未満でも、すぐに手数料なしで売上金を受け取ることができますね。

BUYMAで出品するなら楽天銀行

BUYMA

登録料・出品料無料のBUYMAですが、BUYMAから代金の振込ごとに、振込手数料(1回あたり)がかかります。

振込手数料
国内の銀行口座の場合、楽天銀行だけが振込手数料が安くなります。

BUYMAで出品する方は楽天銀行の口座開設が必須と言えます。

BUYMAが成約代金を振込する際の、振込手数料
国内口座:楽天銀行 216円(税込)
国内口座:楽天銀行以外 378円(税込)
海外口座 1,000円(非課税)

たかだか162円と思うかもしれませんが、月2回BUYMAから成約代金を振込依頼する場合、年間3,888円も差額が出てきます。

ビジネスをスタートさせるなら、このようなところにも目を向けていく必要があります。

楽天市場に出店するなら楽天銀行

楽天市場

またBUYMAだけではなく、楽天市場に出店する場合も楽天銀行がお得です。

楽天市場店舗限定特典があるため、楽天市場に出店している15,000店舗が売上の入金口座として、楽天銀行が一番利用されてる銀行です。

銀行 楽天市場店舗さま限定特典
楽天銀行 ・口座開設手続きが簡単
・楽天バンク決済と連携で売上が毎日入金
・楽天への支払なら口座振替で手数料無料に

海外送金するなら「楽天銀行」がおすすめ

楽天銀行の海外送金は、海外から商品を仕入れた場合の代金の支払いに、格安の送金手数料で200ヶ国以上に送金することが可能です。

海外への送金には送金手数料がかかりますが、楽天銀行の優れている点は、他の銀行や送金サービスに比べて送金手数料が安いことです。

銀行 種類 海外送金手数料
楽天銀行 個人口座 750円
個人ビジネス口座 1,000円
法人ビジネス口座 1,000円

海外送金は、送金手数料の安さだけでなく、為替レートも重要です。

為替レートという2国間の通貨を交換する時の取引価格があります。

本来の為替レートに手数料(スプレッド)を上乗せしています。その手数料(スプレッド)は、銀行によって、時間帯によってそれぞれ違ってきます。

楽天銀行は、送金手数料の安さだけでなく、平日日中の手数料(スプレッド)も結構安めなのです。

送金時間に注意
楽天銀行の海外送金は、WEB完結で原則24時間365日手続き可能ですが、日中レートに比べて、夜間や週末は、為替レートが高くなります。
海外送金するなら、平日の日中がおすすめです。

【為替レートの更新時間】
送金レートは楽天銀行所定の時間 10:30前後、17:00前後(多少前後する場合があります。)にて更新されます。

そのため私が海外送金する時間帯は、必ず平日10:30~17:00までにしています。

平日の日中に海外送金が可能な方なら、楽天銀行をおすすめします。

屋号入り銀行口座を開設するなら「楽天銀行」

銀行 種類 口座名義 必要書類
楽天銀行 個人口座 個人名 ・本人確認資料
個人ビジネス口座 個人名/個人名+屋号 楽天銀行個人口座開設後、下記のうち、いずれか1つ
・個人事業開業届(受付印のあるもの)
・個人事業開始申告書(受付印のあるもの)
法人ビジネス口座 法人名/法人名+ショップ名等 ・本人確認資料
・履歴事項全部証明書(商業・法人登記簿謄本)
・事業実態の確認できる資料

屋号入りの口座のメリット

屋号入りの口座を作る一番のメリットは、ネットショップのお客様や取引先、仕入れ業者から信用を得ることができることです。

個人事業主の場合、大手銀行を含めほとんどの銀行が屋号のみで口座開設することが難しいのが現状です。

楽天銀行も個人事業主の場合、「屋号のみ」の銀行口座開設は出来ません。

口座名義として認められる例

口座名義 口座名義(漢字) 口座名義(カナ)
屋号+氏名 フラワーショップ・MATSUDA 松田 翔 フラワーショップ・マツダ マツダショウ
氏名+屋号 松田 翔 フラワーショップ・MATSUDA マツダショウ フラワーショップ・マツダ
氏名のみ 松田 翔 マツダショウ

屋号に個人名が加わりますが、信頼を得る意味では何ら変わりはありません。
屋号入りの銀行口座は、ネットショップを開業する人にとって必須口座といえます。

屋号入り銀行口座を開設するには
楽天銀行で屋号入り銀行口座を開設するには、まずは個人口座の開設が必要になります。一旦個人口座の開設後、個人ビジネス口座開設に必要な書類を取り寄せる形になります。

個人ビジネス口座開設を作りたい方も、まずは個人口座の開設から申し込みしてください。

まとめ

楽天銀行は、このようにフリーランスや副業・複業をする方にとって様々なメリットがあります。

1回の金額は少額でも、回数を重ねると大きな差になってきます。

これからフリーランスや副業・複業をを始めようと思っている方は、まずは新たにビジネス用の銀行口座を開設することから始めましょう。