確定申告が楽になるクラウド会計ソフトおすすめ3選を比較|2018年

確定申告が楽になるクラウド会計ソフトおすすめ3選を比較|2018年

今回は、クラウド会計ソフトの中でも代表的である『MFクラウド確定申告』『やよいの青色申告 オンライン』『会計ソフトfreee』の3社の個人事業主向けソフトで、価格・サービス・機能を比較しています。

今使用している会計ソフトに不満を持っている方、これから会計ソフトを導入しようと思っている方など、ぜひ参考にしていただければと思います。

どうして確定申告にクラウド会計ソフトが必要なの?

事業所得が下記のように超えた場合、確定申告をする必要がありますが、クラウド会計ソフトがあれば、簿記知識がなくても簡単に確定申告が行えます。
個人事業が専業の場合 会社に勤めていて副業で事業を運営している場合
事業所得が38万円を超えると確定申告の必要あり 副業の合計所得が20万円を超えると確定申告の必要あり

事業所得などの確定申告の方法には、青色申告と白色申告があります。

白色申告は、申告手続きがシンプルで記帳が簡単だけど、65万円の特別控除を受けることができないよ。

青色申告は、65万円の特別控除を受けることができるけど、複式簿記で帳簿をつけないといけないよ。


手書きで複式簿記の帳簿をつけていく場合は、簿記の専門的な知識が必要ですが、会計ソフトを使えば、日々の入力作業を行うだけで、決算書・確定申告書類を簡単に作成することができます。

ですので確定申告をする必要がある方は、最初から青色申告をおすすめします。

経理がはじめての方でも簡単に確定申告の書類を作成するために、クラウド会計ソフトが必要になるのです。

クラウド会計ソフト比較一覧表

会計ソフト MFクラウド確定申告 やよいの青色申告オンライン 会計ソフトfreee
プラン (1)フリープラン
(2)ベーシックプラン
(3)あんしん電話サポート付き ベーシックプラン
(1)セルフプラン
(2)ベーシックプラン
(1)スターター
(2)スタンダード
(3)プレミアム
月額プラン(税込) (1)無料
(2)864円
(3)-
(1)-
(2)-
(1)1,058円
(2)2,138円
(3)-
年額プラン(税込) (1)無料
(2)9,504円(※月額より864円オトク)
(3)18,576円
(1)8,640円(※初年度1年間無料でお試し)
(2)12,960円(※初年度1年間6,480円)
(1)10,584円
(2)21,384円
(3)42,984円
サポート (1)メールみ
(2)チャット、メール
(3)チャット、メール、電話
(1)サポートなし
(2)電話・メール・チャットサポート
(1)チャット、メール
(2)チャット(優先対応)、メール(優先対応)
(3)チャット(優先対応)、メール(優先対応)、電話、乗換代行
プラン別による機能制限 (1)年間50件まで、仕訳データのエクスポート不可、チャットサポート登録から30日のみ、電話サポート不可
(2)電話サポート不可
(3)全ての機能が利用可能
(1)電話・メール・チャットサポート不可、画面共有サポート不可
(2)全ての機能が利用可能
(1)レシート類を取り込んで記帳する(ファイルボックス)月5枚まで、消費税申告不可、経費精算不可、電話サポート不可
(2)複数店舗や複雑な入出金も効率化が可能。電子帳簿保存法に対応不可、経費精算などの社内バックオフィス業務も効率化不可、電話サポート不可
(3)全ての機能が利用可能
無料期間 30日間 最大2か月間、一部の機能を、無料でお試しできる「無料体験版」もあります(決算・申告機能は利用できません。)※お申込日により最大14か月無料 30日間

 
2018年7月8日現在

MFクラウド確定申告

MFクラウド確定申告

メール・チャットのサポートがあり、コストパフォーマンスが良いソフトを使いたい方は、MFクラウド確定申告がおすすめです。

会計事務所が勧めたいクラウド会計ソフトNo.1

MFクラウド確定申告は、会計事務所が顧問先に勧めたいクラウド会計ソフトNo.1です。

その理由は、従来の会計ソフトをクラウド化したようなイメージで、簿記知識がある方が一番使いやすいからと言われています。
「MFクラウド確定申告」は会計の基本である複式簿記形式を採用しています。

複式簿記の入力ができるため、使っていくうちに自然と簿記への理解を深め、知識を身に付けられます。

会計ソフトを使用していた方、簿記の知識がある方、簿記を勉強したい方には特におすすめです。

私もMFクラウド確定申告を使っています。

充実のサポート体制

MFクラウド確定申告を使って3年程経ちますが、今だに操作でわからない事や疑問が出てくるため、時々問い合わせをしています。
電話サポート付きまでは必要ないと思いますが、最低限メールサポートは必要だと思います。

MFクラウド確定申告の「ベーシックプラン」の場合、チャット、メールサポートがあります。

チャットサポートは、受付時間が10:30~17:00(土日祝日除く)と限定されますが、とても便利です。画面の右下に「オンライン-チャット対応窓口」と表示されている箇所をクリックするとすぐに返信があり、画面操作しながら内容を確認できるので便利です。

また時間外の場合、メールでの問い合わせも返信がとても早いです。

ただし、仕訳の内容などの経理に関する相談、申告の方法、税務に関する相談はサポート外ですので、税理士や税務署へ相談することになります。

MFクラウド確定申告 よくあるご質問(FAQ)は便利です!

充実した連携サービス

銀行口座やカードだけでなく、電子マネー、通販、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)、ネットショップ等の全3,619社と連携しているのため、明細データの自動取得や仕訳の自動入力ができるので、会計業務がとても楽です。確定申告の手間も大幅に削減できます。
私のような様々なビジネスを組み合わせて行っているものにとって、本当にありがたい機能です。

コストパフォーマンスが高い

MFクラウド確定申告は、仕訳の内容などの経理に関する相談、申告の方法、税務に関する相談はサポート外となるため、クラウド会計ソフトにその対応力を求める方は、やよいの青色申告 オンラインがおすすめです。

しかし、税理士や税務署へ相談したり、税理士による無料の個別記帳指導を受けるなど、他のサービスを上手く利用される方にとっては、MFクラウド確定申告の「ベーシックプラン」年額9,504円が一番コストパフォーマンスが高いと思います。

お申し込みの際は、必ず下記の公式サイトで情報をご確認下さい。

やよいの青色申告 オンライン

やよいの青色申告 オンライン

初年度1年間無料でお試しできる!とりあえず無料でクラウド会計ソフトを使ってみたい方は、やよいの青色申告 オンラインがおすすめです。

初年度1年間無料で使える

やよいの青色申告 オンラインのメリットは「セルフプラン」は1年間無料で使えるところです。とりあえず無料で気軽にクラウド会計ソフトを使ってみたい方におすすめです。

最大2か月間、一部の機能を、無料でお試しできる「無料体験版」もあります。(決算・申告機能は利用できません。)
「無料体験版」も合わせると、お申込日により最大14か月無料で使えます。

「ベーシックプラン」は電話サポート付で1年間6,480円で全ての機能が利用できます。

充実のサポート・サービス

通常、電話やメールでのサポートはソフトの操作に関する質問だけとなっています。しかし、やよいの青色申告 オンラインの「ベーシックプラン」では、業界最大規模のカスタマーセンターで、業務に精通した専門スタッフが、製品の導入や操作方法から、仕訳相談、経理業務の相談まで答えてくれます。

特に青色申告1年目の方はわからないことがたくさんあると思います。私の場合クラウド会計ソフトを使って三年以上たちますが、今でもわからないことだらけです。わからないことだらけで困っているときこそ、その対応力に差が出ます。

やよいの青色申告 オンラインの業界最大規模のカスタマーセンターは、座席数684席、お客様満足度 94%の安心のサポート・サービスです。

サポートを重視する方には、やよいの青色申告 オンラインがおすすめです。

「ベーシックプラン」がおすすめ

「セルフプラン」には電話・メール・チャットサポート等の全てのサポートがありません。やはりサポートが全くないのは不安です。
少し割高になりますが、確定申告(個人)に関する相談、日々の仕訳を相談、経理業務に関する相談など、電話・メール・チャットサポートがある「ベーシックプラン」年額12,960円がおすすめです。

取引データを自動取込・自動仕訳

銀行明細、クレジットカードなどの取引データ、レシートや領収書のスキャンデータ(専用スマホアプリで撮影したデータ)を自動で取込み、仕訳するので、入力と仕訳の手間が省けます。

お申し込みの際は、必ず下記の公式サイトで情報をご確認下さい。

会計ソフト freee (フリー)

会計ソフト freee (フリー)

経理などの経験のない初心者の方、ややこしい操作が苦手な方は、わかりやすいインターフェイスの会計ソフト freee (フリー)がおすすめです。

初心者にわかりやすい会計ソフト

会計ソフト freee (フリー)は、簿記の知識がなくても簡単に使えるのが特徴です。

基本的に「取引」という形式で記帳するようになっており、「専門知識が無い方で記帳ができる」「仕訳形式よりも業務を効率化しやすい」などのメリットがあります。「取引」として登録された内容は自動で複式簿記の形式に変換・保存されています。

また、専門知識を持っていて複式簿記の方が慣れている方は、複式簿記の形式で会計データを登録することもできます。

経理がはじめての人に選ばれている

freeeはステップにそって質問に答えるだけで確定申告の書類を作成でき、経理や確定申告がはじめての方でもカンタンに利用できます。また、アプリを使うとスマホからでもかんたんに確定申告書類が作成できます。

質問形式で申告書を作成できるのは、日本でfreeeだけ。ややこしい操作が苦手な方にはおすすめです。

充実のサポート

電話サポート、チャットサポートや乗り換え・導入サポートなど、状況に合わせた各種サポートが充実しています。

満足度94.1% (2016年8月) のチャットサポートで、お悩みをスピーディに解決。
freeeの使い方から日々の会計・経理業務のお悩みまで、経験豊富なスタッフが迅速に対応してくれるので安心です。

経理も大幅に効率化

銀行口座やクレジットカードの明細を取得し、自動で帳簿付けができるので、入力にかかる手間を省け、人的ミスの発生を防げます。

またレシートや領収書もスマホで撮影してかんたんに経理処理ができます。請求書の作成から帳簿作成まで、一気通貫で終えられるなど、とても便利な機能があります。

お申し込みの際は、必ず下記の公式サイトで情報をご確認下さい。