1. TOP
  2. サーバー
  3. レンタルサーバー比較2018|目的別で選ぶおすすめ一覧

レンタルサーバー比較2018|目的別で選ぶおすすめ一覧

レンタルサーバー比較2018|目的別で選ぶおすすめ一覧

私はWebデザイナーとして、フリーランスや派遣で数多くのサーバー管理・運用に携わってきました。

また、個人的にもサーバーをレンタルして「アフィリエイト」や「ネットショップ」を運営しています。

そんな数多くのサーバー利用者の立場から、今回は主要レンタルサーバーを徹底比較したいと思います。

一口にサーバーといっても使用目的や運営状況によっておすすめは違ってきます。

今はまだアクセス数が少ないがアフィリエイトを大きくしていきたい方、静的サイトのみの運用なので価格重視で選びたい方、WordPressで複数サイトを運用している方、また現サーバーではアクセスが集中すると「サイトがダウンする」場合など、使用目的や状況が違えば、おすすめサーバーは大きく違ってきます。

これから新たにサーバーを探している方やサーバーの乗り換えを考えている方など、サーバー選びの参考になると幸いです。

レンタルサーバー比較一覧表

レンタルサーバー 初期費用 月額料金(1年契約) 容量 マルチドメイン/MySQL 転送量 バックアップ このような方にオススメ
エックスサーバー
X10(スタンダード)プラン
3,240円 1,080円 200GB 無制限/50個 70GB/日
※要手数料
複数のWordPressを運用する小〜中規模の個人向けにおすすめ。
WEB制作会社やアフィリエイターの間でも数多く利用しているエックスサーバーは、高速・高機能・高安定とトップクラスを誇るコストパフォーマンスに優れたサーバー。
エックスサーバー
X20(プレミアム)プラン
3,240円 2,160円 300GB 無制限/70個 90GB/日
※要手数料
エックスサーバーのX10(スタンダード)プランで容量が足りない方におすすめ。
エックスサーバー
X30(プロ)プラン
3,240円 4,320円 400GB 無制限/70個 100GB/日
※要手数料
エックスサーバーのX20(プレミアム)プランで容量が足りない方におすすめ。
ロリポップ!
エコノミープラン
1,620円 108円 10GB 20/- 40GB/日 月額324円 初めてブログを初心者向けプラン
CMS運用が不要な方にオススメ。私もWordPressを利用する前は、長期でこのプランを使用していました。
ロリポップ!
ライトプラン
1,620円 270円 50GB 50/1個 60GB/日 月額324円 まずは低価格でWordPressを始めたいという方におすすめ!
WordPressを始めてみたいけど、知識がないので心配という方、まずはロリポップで始めましょう。
ロリポップ!
スタンダードプラン
1,620円 540円 120GB 100/30個 100GB/日 月額324円 複数のWordPressを運用する、とにかく価格重視の方におすすめ。
スタンダードプランは価格に対して十分なスペック。高速なWordPressが利用可能(モジュール版PHP)

ただし割り当てられたサーバーによって差がある。利用しているサーバーが高負荷が発生している状態の場合、非常にスピードが遅くなることがあります。割り当てサーバーの変更可能。

ロリポップ!
エンタープライズプラン
1,620円 2,160円 400GB 無制限/100個 無制限 低価格で大規模サイトやビジネス利用したい方におすすめ。
高速なWordPressが利用可能
(モジュール版PHP)、転送量無制限でバックアップオプション無料
カゴヤ・ジャパン
S11
無料 864円 100GB 無制限/- 120GB/日 10GBまで無料 CMS運用が不要でサポート重視の方におすすめ。
私の経験上、一番親切丁寧なサポートです。
カゴヤ・ジャパン
S21
3,240円 1,728円 200GB 無制限/10GBまで 160GB/日 10GBまで無料 複数のWordPressを運用し、サポート重視・低価格で高品質を求める方におすすめ。
私の経験上、サポート面では一番親切丁寧な対応です。
またWordpress向けに特化したプランや、1台のサーバーを占有できる専用サーバープラン等、法人・ビジネス用途に向けプランがあるため、同じサーバー内でプラン変更が可能です。将来的に大規模なWebサイトの運用を考えているならカゴヤへ。
カゴヤ・ジャパン
S31
3,240円 2,592円 300GB 無制限/20GBまで 200GB/日 10GBまで無料 カゴヤのS21プランで容量が足りない方におすすめ。
シックスコア
S1プラン
3,240円 1,944円 50GB 5/5個 70GB/日
※要手数料
法人・ビジネス用途におすすめの高性能レンタルサーバー
エックスサーバーが運営するサーバー。1日のアクセス数が多くなってきた大規模サイトになると、このレベルのサーバースペックをが必要になってきます。
シックスコア
S2プラン
3,240円 3,888円 100GB 10/10個 90GB/日
※要手数料
シックスコアのS1プランで容量・データベースが足りない方におすすめ。
シックスコア
S3プラン
3,240円 5,832円 150GB 25/15個 110GB/日
※要手数料
シックスコアのS2プランで容量・データベースが足りない方におすすめ。
シックスコア
S4プラン
3,240円 7,776円 200GB 40/20個 120GB/日
※要手数料
シックスコアのS3プランで容量・データベースが足りない方におすすめ。

2018年3月6日現在

エックスサーバー

エックスサーバー

レンタルサーバー 初期費用 月額料金 容量 転送量 MySQL マルチドメイン バックアップ
エックスサーバー 3,240円 972円 200GB 70GB/日 50個 無制限

アフィリエイターに人気

数多くのアフィリエイターが利用している人気サーバーです。
WordPressを使って本格的にブログやサイトを運営している方の多くがエックスサーバーを選んでいます。

私も現在2つのサーバーを利用していますが、1つはエックスサーバー(X10)を使っています。

高いコストパフォーマンス

エックスサーバー(X10)は、200GBの大容量、高速、多機能、高安定性のサーバーを月額972円で利用できます。

価格、速度、機能、サポート等、トータルに優れており、文句なしのサーバー。低価格でバランス良く使いたい人にオススメです。

高速化機能の充実

エックスサーバーは、高速化機能の充実化を追求しています。

急激なアクセス増で負荷が高まった際にも、エックスサーバーはサーバーのレスポンスが低下しないという事例がブロガーから多数報告されています。

これからブログやサイトを大きくしていきたいと思っている方は、人気サイトになっても処理能力が落ちないサーバーを選ぶことが賢明です。

複数のWordPressを運用する小~中規模の個人向けにおすすめです。

サポート

電話サポート担当者は一般的なパソコンスキルのレベルのため、技術的な内容など専門知識を必要とするお問い合わせに対してはメールサポートが中心となります。電話サポートを重視する方はカゴヤがおすすめです。

バックアップ

バックアップ機能は付属しているもののデータの提供の際1回ごとに手数料が必要となります。サーバーデータを毎日自動で保存してくれる「自動バックアップ」は安心で重要な機能。必要な時お金を払っても買えないのがバックアップデータ。特にWordPress運用には必須。

静的サイトも併用

私はWordPressも複数運用していますが、静的サイトも運用しています。WordPress専用サーバーではなく、両方使えるエックスサーバーを選びました。HTMLサイトや他のCMSも一緒に運用できるバランスのとれたサーバーです。

デメリット

サイトへのアクセスが集中しDBの負荷が大きい場合は、リソース制限がかけられる場合があります。1日のPV数が多くなってきた大規模サイトには不向き。

エックスサーバー