Webデザイナーはフリーランスと派遣のどちらが稼げるか徹底比較

Webデザイナーはフリーランスと派遣のどちらが稼げるか徹底比較

私はネットビジネスをしながら、時にはWebデザインの仕事をフリーランスとして受けたり、派遣として週3日働いてみたりしています。

そんな両方を経験した私が、Webデザイナーはフリーランスと派遣のどちらが稼げるか徹底比較してみたいと思います。

また、収入面だけではなく、スキルや稼働時間についても比較していきます。

私のWebデザイナー経験

まず私のWebデザイナー経験を簡単にご紹介したいと思います。

Webデザイナーがフリーランスと派遣のどちらが稼げるかは、経験によっても随分違ってくると思います。

ですので、あくまでも私の実力レベルでの比較となりますので、ご了承ください。

できること

  1. 10年以上のWEBサイト制作の経験がある
  2. 自社サイト制作の経験がある
  3. WordPressで自社サイトを制作できる
  4. 社内で1人Web関連を任せられていたため幅広い知識がある
  5. PhotoshopやIllustlatorは独学で勉強

できないこと

  1. Webデザイナーとして正社員未経験
  2. クライアントサイトの経験なし
  3. 社内にWeb関連の知識がある人が一人もいなかったため好きなように仕事をしてきた
  4. PhotoshopやIllustlatorは独学のため、制作会社が最新ソフトで作った修正に手間取るレベル
  5. 他社で通用する知識なし

こんな大したスキルのない私です。

派遣のWebデザイナーはどのくらい稼げるの?

私の派遣の時間給

こんな大したスキルもなく、年齢も結構いっている私ですが、Webデザイナーとして派遣での時間給は・・・

1,500円~1,700円

くらいの相場で時間給をもらっています。

一般的なWebデザイナー派遣の平均時給

先程の時給は、ここ最近の私の相場ですが、派遣の求人サイト「はたらこねっと」に公開されている、地域別のWebデザイナーの平均時給は下記のような感じです。(2018年10月の平均時給)

地域 未経験平均時給 経験者平均時給
関東エリア 2,006円 2,018円
関西エリア 1,557円 1,579円
東海エリア 1,498円 1,544円
九州・沖縄エリア 1,407円 1,394円
甲信越・北陸エリア 1,250円 1,250円
中国・四国エリア 1,217円 1,213円
北海道・東北エリア 950円 950円

関東エリアが飛びぬけて平均時給が高く、北海道・東北エリアが一番低くなっています。その差は倍以上。

一番平均時給が高い関東エリアで、一日8時間で月20日働いた場合、下記のような月給と年収になります。

月収 32万2,880円
年収 387万4,560円

2017年日本人の平均年収の432万からみると、一番高いエリアの平均と比較しても少し低いようです。

派遣がおすすめな人

WEBデザイナーの派遣の時給はそこそこ高額で、継続して案件があるので安定した収入を得ることができます。

単発や短時間、短期の派遣で働きながら、ネットビジネスと平行したい方にもおすすめです。

  • スキルや経験があまりない方
  • 自分をアピールするのが下手な方
  • 安定した収入を望む方

Webデザイナー・Webデザインに強い派遣の求人・派遣会社

私も今までリクナビ派遣エン派遣を利用し、応募した仕事やそこからの繋がりで、フルタイムや週2、3日の派遣を何度も見つけてきました。

下記がWebデザイナー・Webデザインに強い派遣の求人・派遣会社です。

未経験でも運よく働ける可能性問題ある点が派遣の魅力です。探してみてください。

私のおすすめの派遣の求人サイト

フリーランスのWebデザイナーはどのくらい稼げるの?

フリーランスのWebデザイナーの収入は、スキルや経験によって大きく異なってきます。

先程のはたらこねっとの掲載例からみても、経験者と未経験者でほとんど時給が変わらない派遣に対し、フリーランスの場合、スキルや経験がないと仕事が回ってきません。

またスキルや経験があっても、自分をアピールするのが下手な方は、稼いでいくことが難しくなります。

その一方軌道に乗れば、自由度が高く収入がUPする可能性があるため、魅力ある働き方です。

一般的なフリーランスの平均年収

そんなフリーランスのWebデザイナーの一般的な平均年収は

300~400万円

と言われています。

そんな悪くないじゃん!と思われるでしょうが、これはあくまでもスキルや経験がある上で、フリーランスとして活動できる方の平均年収なので、そう考えると派遣とあまり変わらない年収額は多いと言えないと思います。

私の初フリーランスの収入

それでは、スキルや経験がない私の初フリーランスの収入はこんな感じです。

知人からの紹介によって仕事がまわってきたのです。
Webサイト制作の価格の相場を知らず、言われる価格で見積もりを出したら通ってしまった訳です。

きっと他社よりも破格の価格だったのでしょう。

WordPress制作1サイト 15万円

週3日派遣で働きながらフリーランスの仕事を請けたため、派遣の日以外はほぼ毎日仕事をしていた感じです。

スキルや経験が足りないせいもありトータル3ヵ月くらいかかりました。

私のスキル・経験では、トータルで請け負う仕事はかなりヘビーでした。

  • ディレクション
  • サーバーの提案
  • WordPressインストール
  • WordPress基本設定
  • サイトデザイン
  • コーディング(レスポンシブ)
  • カスタム投稿タイプ・カスタム分類機能3種類導入
  • jQueryスライド設置
  • お問い合わせフォーム設置
  • ページ・画像登録作業
  • ドメイン移管手続き、DNS設定 代行
  • 操作マニュアル作成

フリーランスがおすすめな人

ここまで私のフリーランスでの大変な面をお伝えしましたが、フリーランスは、上手くやれば確実に高単価が見込めるお仕事です。

  • スキルや経験に自信がある方
  • 自分をアピールするのが上手な方
  • 人脈がある方

フリーランスのWebデザイナー向けの案件情報サイト

業務委託の場合、レバテッククリエイターgeechs job(ギークスジョブ)といったエージェントを利用すれば、派遣よりも多くもらえるようです。

最近は自分をアピールするのが下手な方でも、レバテッククリエイターのようにIT・Web業界に特化したクリエイター向けの求人・案件提案サービスがあります。案件ごとに企業と契約を結び、契約先の企業に常駐して作業を行う働き方。1~3ヶ月など、一定期間ごとに契約・更新を行うケースが多いようです。

私のような知り合いの紹介ではなく、下記のような案件サイトを使って、やり方を変えれば上手くいくかもしれません。

私のおすすめの派遣の求人サイト
  1. レバテッククリエイター ← 案件ごとに企業と契約を結び、契約先の企業に常駐して作業を行う常駐型のフリーランス
  2. geechs job(ギークスジョブ) ← Webデザイナーに強いフリーランス専門エージェント