1. TOP
  2. ネットショップ
  3. 「カラーミーショップ」で独自ネットショップを開業する

「カラーミーショップ」で独自ネットショップを開業する

「カラーミーショップ」で独自ネットショップを開業する

多店舗展開でリスク分散と売上アップを目指す

2016年3月に約8年半継続していた派遣の仕事が終了してしまい、収入源がネット販売の1本となってしまいました。

BUYMA(バイマ)で少しずつ売上を伸ばしているとはいえ、まだまだネットビジネスだけで生きていけるレベルではありません。まして収入源をBUYMA(バイマ)1本に頼ることはとても危険です。

突然のアカウント停止や悪い評価をつけられ売上が激減する等、ネットの世界は急に何がおこるかわからないのです。

日ごろから複数の収入源を持っておく必要がある思っている超安定派の人間なので、ネットビジネスの基盤を固めとして次に私が挑戦することは、

「独自ネットショップ」を開業すること

Yahoo!オークション→BUYMAと新たな望みをかけてオークションやモール型など出店してきたのですが、モール型のネットショップは、売上に対して発生する費用が気になるところです。

売れれば売れるほどモール型の販売手数料は増えていくのに対し、独自ネットショップのカートレンタル費用は毎月一定額です。

ですので、モール型出店と平行して独自ネットショップも出店したいものです。

そんな時、ネットショップ運営サービス『カラーミーショップ』が低価格で始められることを知り、早速契約することにしました。

モール型、独自ネットショップと多店舗展開することでネット上で露出も高め、売上アップを目指そうと思いました。

ネットショップ運営サービス『カラーミーショップ』とは

カラーミーショップは、導入店舗数No.1のネットショップ運営サービスです。

自由度の高い環境で、思いどおりのショップをデザインできるほか、開店準備から集客まで、かゆいところに手が届く100種類以上の機能で新たな一歩を踏み出したショップオーナーさんたちを、サポートしています。

カラーミーショップ

「カラーミーショップ」のメリット

低価格な料金プラン

最も大きな理由が、料金です!!
私はエコノミープランの12カ月で契約していますので、月額900円を支払っています。

他の独自ショッピングカートと比較してダントツに安いです。

独自ネットショップでは開業してすぐに売上が上がることは想定していません。

継続してブログを書いたり、SEO対策をしたり、長期的な運用が必要だと思っていますので、とにかく費用面をできるだけ抑えることが一番の選ぶポイントとなりました。

万が一将来的にこのプランでが不都合な部分がでてきたら、その時プラン変更か別のカートに乗り換えられるように、独自ドメインを取得しておきました。

コストパフォーマンスが魅力

低価格なだけではありません。低価格なのに質の高い豊富な機能が使えるのです。

実際に使ってみた感想は、今のところ全く不満なく使わせてもらってます!

初心者でも使いやすい管理画面

とにかく管理画面が使いやすいです。私はマニュアルをじっくり見ながら操作していくタイプではなく、適当にさわってみて進めるタイプです。

モール型のネットショップにはありがちなのですが、とにかくわかりにくい、マニュアルを読んでも意味が分からない、サポートに問い合わせてメールをもらって何度か読み返してやっと理解ができる…というパターンはありがちです。

それに比べてカラーミーの管理画面は、あまりマニュアルとか見なくても直観的に進められます。

デザインのカスタマイズ性が高い

とにかくデザインのカスタマイズ性に優れているのがカラーミーショップの強みです。

カスタマイズできる範囲が非常に広く自由度が高いのです。

使用するテンプレートのHTML、CSSを編集しデザインをカスタマイズすることができます。有料テンプレートを購入して自分好みにカスタマイズすることも可能です。

テンプレートが豊富

無料テンプレート、有料テンプレートもたくさんのテンプレートがあります。

レスポンシブ対応のほか、SEOに特化したテンプレートなど種類も豊富に揃っています。
すべてのテンプレートはカスタマイズ自由自在なので、テンプレートを使ってカスタマイズし、完全にオリジナルデザインのネットショップを作成することも可能です。

それでは、独自ネットショップのショッピングカートを比較してみたいと思います。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
>>> 独自ネットショップのショッピングカートを徹底比較!2016年最新版!

独自ネットショップで販売するメリット

詳しくは下記記事で書いていますが、
モール型VS独自ネットショップのメリットとデメリット

(1) 販売手数料がかからない
(2) 価格競争に巻き込まれにくい
(3) 取得した顧客情報を管理できる
(4) 自由に思い通りのショップ展開が可能

(1) 販売手数料がかからない

独自ネットショップは、成約手数料やTポイント原資負担など、商品が売れたときに発生する販売手数料がかかりません。

対して独自ネットショップはショッピングカートをレンタルする月額利用料金がかかってきます。

私が出店しているモール型の格安代表格「Yahoo!ショッピング」と格安ショッピングカート「カラーミーショップのエコノミープラン」でランニングコストを比較してみると、売上が増えれば増えるほど「カラーミーショップのエコノミープラン」のほうが安くなります。

この理由は、売れれば売れるほどモール型の販売手数料は増えていくのに対し、独自ネットショップのカートレンタル費用(月額900円)は毎月一定だからです。

(2) 価格競争に巻き込まれにくい

モール型の場合、同ブランド内で上位の売り上げランキングに入らなければ、目立たないイコール売れない仕組みになってます。要するにモールでは安くなければ売れないということ同然です。

一方独自ネットショップでは、なぜか値段が少し高めでも売れる傾向にあります。

モール型と独自ネットショップで同時に多店舗販売しているショップが数多くありますが、他店より高値のためモールでは全く売れていないにも関わらず、独自ネットショップのほうでは検索上位に上がり、ショップ内の販売履歴で売れている(モールと同金額)ことがわかるサイトが多数存在しているのです。

しかし、これは独自ネットショップで検索上位に上がるということが大前提となります。

そこまでいくには、ショップの並々ならぬ努力が必要だということです。

(3) 取得した顧客情報を管理できる

1度取得した顧客情報についても自社独自のものになるため、自由に販促活動ができ、モールよりも早く少ない労力で固定客化することが可能です。

(4) 自由に思い通りのショップ展開が可能

デザインの自由度が高く、独自ドメイン(URL)を設定できるなど、思い通りのショップ展開が可能になります。

独自ネットショップは長期的に運用していけば最強

コツコツと長期的に頑張っていけるならば、集客も信頼性も独自ネットショップのほうに軍配が上がると思っています。

ですので、モール型出店と平行して独自ネットショップもスタートしたほうがいいと思います。