クラウドテック(Crowdtech)の特徴・評判・メリット・デメリット

クラウドテック(Crowdtech)の特徴・評判・メリット・デメリット

「クラウドテック」は、フリーランスのための求人サービス。

「フリーランスで働きたい」「独立して業務委託として働きたい人」のための求人サイトです。

「クラウドテック」の運営会社は、国内No.1のクラウドソーシングサービスの株式会社クラウドワークスです。

上場企業のクラウドワークスが運営するので安心です。

70%以上がリモートで働けるお仕事で、週3日、4日OKのお仕事も多数あるので、自由な働き方ができます。

本日は、クラウドテックの特徴・評判・メリット・デメリットをわかりやすく解説していきたいと思います。

クラウドテック(Crowdtech)の特徴

求人サービス クラウドテック
運営会社 株式会社クラウドワークス
登録料 無料
登録社数 14万社(業界トップクラス)
サポート 専任のフリーランスキャリアアドバイザーがサポート
拠点 大阪拠点、福岡拠点
支払いサイクル 業界最短クラスの当月末締め、
翌月15日支払い
手数料 お仕事の報酬額から、手数料は引かれません
職種 エンジニア、デザイン、編集・ライティング・講師・コーダー、ビジネス・マーケティング、プロダクト開発・運営

まずは、クラウドテック(Crowdtech)の特徴をピックアップしてみました。

・週3日、4日OKのお仕事も多数
・自由な働き方を実現
・徹底したサポート体制
・業界トップクラスの登録社数14万社
・業界トップクラスの案件数
・71%がリモートのお仕事
・社会保障や福利厚生も充実

クラウドテック(Crowdtech)の魅力

上場企業のクラウドワークスが運営するので安心

「クラウドテック」は、国内No.1のクラウドソーシングサービスで有名なクラウドワークスが運営しています。

上場企業の「株式会社クラウドワークス」が運営するので安心です。

やはり運営会社が信頼できることが一番の魅力ですね。

業界トップクラスの登録社数

登録社数14万社を誇るクラウドワークスだからこそ、希望に沿う多数の案件があります。

「週3日/高単価の案件」「リモート対応ができる案件」「LAMPの開発環境」「通勤時間30分以内」など、ひとりひとりの要望に応えるため、多種多様な案件を取り揃えています。

クラウドテック(Crowdtech)の評判

週3日、4日OKのお仕事も多数

私は現在、週3日は派遣で働き、それ以外はフリーランスとして副業・複業をしています。

私は現在週3派遣で希望の仕事をしていますが、一般の派遣では週3日という働き方は非常に少なく、稀にあったとしても希望に合った仕事内容がほとんどありません。

そんな時、私が求人サイトとして使用しているのが、クラウドテックです。

クラウドテック(Crowdtech)には、週2、週3、週4~などの案件が豊富にあるため、自由な働き方が可能です。

私のように短時間勤務の仕事を探している方は、派遣サイトと合わせてクラウドテックを利用すれば、自分の希望の条件に合う仕事が見つかりやすいです。

手数料は差し引かれない

クラウドテック内に表示されているお仕事の報酬額から、手数料は引かれません。

因みに、クラウドソーシングサービスである「クラウドワークス」では、発注者から受注者に支払われる報酬から、契約金額に応じて5~20%のシステム利用料として差し引かれます。

しかしクラウドテックでは、そのような手数料は差し引かれません。

クラウドテック(Crowdtech)のメリット

自分で営業する必要がない

まずは、仕事・案件がなければ、フリーランスを始めることができません。

フリーランスの場合、自分で営業する、営業代行サービスを使う、クラウドソーシングを使う、派遣でダブルワークする等、様々な仕事の探し方があります。

自分で営業する場合は、友人・知人や過去の仕事関係から紹介してもらう人脈や、サイトやブログを使って営業をするなど、本当に大変です。

クラウドテック(Crowdtech)は、「フリーランスで働きたい」「独立して業務委託として働きたい人」のための求人サイトなので、自分で営業しなくても案件が多数ある点がメリットです。

その上仕事探しから稼働後まで、しっかりサポートしてくれる点が魅力です。

営業だけでなく、価格交渉や契約書、報酬金未払いトラブルの心配がないことも一番の安心なことです!

徹底したサポート体制

クラウドテック(Crowdtech)は、専任のフリーランスキャリアアドバイザーが、仕事探しから稼働後まで、しっかりサポートしてくれます。

応募したお仕事が書類通過すれば、企業との面談に進みますが、面談にはアドバイザーが付き添ってくれます。

私も何度か面談に付き添ってもらいましたが、やはり一人でお仕事を受注するのとは違ってとても安心感があります。

面談した結果、お仕事が合わない場合でも、直接断る必要がなく、間に入ってもらえるので、とても助かります。

専門のスタッフが、間に入ってサポートしてくれることは、本当に安心して仕事ができます。

クラウドテック(Crowdtech)のデメリット

社会保険に加入できない

2016年10月から、派遣やパートやアルバイトなどの短時間労働者に対する、社会保険(健康保険、厚生年金保険)の適用が拡大されました。

そのため、短時間労働であっても、社会保険に加入できる場合もあります。

しかし、現在のところクラウドテック(Crowdtech)では、1週間の勤務時間が20時間以上あっても社会保険には加入できません。

短時間労働で社会保険ができる仕事を探している方は、下記をご覧ください。
↓ ↓ ↓
短時間労働で社会保険に加入できる派遣会社5選!週3勤務で厚生年金短時間労働で社会保険に加入できる派遣会社5選!週3勤務で厚生年金  

まとめ

「クラウドテック」のような求人サービスなどを利用せず自分で仕事を探す場合は、営業も自分でしなければなりません。

直接契約の場合は、一切のサポートがなく全て自己責任となります。

クライアントから報酬が支払われないトラブルや、クラアイントと連絡がつかなくなるトラブルが起こる可能性もあります。

また、契約書も自分で用意する必要があります。

しっかりとした顧客であれば相手側が契約書を用意してくれていますが、相手が個人だったり、小さい会社だったりする場合はこちらから契約書を用意する必要があります。

個人で仕事をするよりもずっと安心して働けるのです。

自分の営業スキルや知識にかなり自信がある方以外は、クラウドテックから始めることがおすすめです。