1. TOP
  2. ネットショップ
  3. 急にBUYMA(バイマ)で爆発的に売れだし月商80万円を達成!

急にBUYMA(バイマ)で爆発的に売れだし月商80万円を達成!

急にBUYMA(バイマ)で爆発的に売れだし月商80万円を達成!

2015年6月に初めてBUYMA(バイマ)で出品してから約10カ月経った頃、それまで毎月10個程度しか売れていなかったのが、2016年4月に突然1日に6個売れる日があったり、なぜか急に、ある日突然爆発的に売れはじめたのです。

結局その月は1カ月に60個ほど売れたのです。

驚きました。徐々にではなく急に、ある日突然爆発的に売れだしたからです。

副業として1カ月どのくらいの利益になったのか?

さて、1カ月に60個売れた場合、どのくらいの利益になったのでしょうか。

私は1つの商品に30%くらいの利益を取っていたため、1つ売れると約3,000円くらいの利益となりました。

計算すると、1カ月に60個売れると約18万円の利益(収入)になりました。
その月の収入が20万円を超えたのです。

これは本業と変わらない収入と言えます。

毎月10個前後の成約数で、約3万円のお小遣いでも喜んでいた私だったので、これには本当に驚きでした。

私はバイマで稼げるまでに10カ月かかりました

という訳で、私はバイマだけの利益で1カ月20万円稼げるまでに10カ月かかっています。

これは人によってかなりの違いが出てくると思います。

というのも私は最初以外はほとんど自己資金を追加せず、利益だけで次の仕入れを行っていたため、亀のようにノロイペースで商品数を追加していたからです。

通常、売上を上げようと思うと、お店にずらっと商品数やブランド種類が並んでいなければ、余程高回転率でも、利益はたかが知れています。

私のビビりな性格とリスクを恐れて、とても慎重に様子を見ながら仕入れを進めていました。

これでも、私にとっては物凄い挑戦だったのです。(笑)

当時仕入れていた在庫状況は?

当時の出品状況としては、

◆取扱いブランド:1ブランド
◆取扱いアイテム:25種類

たったこれだけでした。

商品数がとても少なく仕入金額も少額なため、リスクが非常に低く、副業のスタートとしてはとてもいいスタートが切れたようです。

少ない在庫数で高回転率でした。

なぜ突然売れ出したのでしょうか?

それでは突然売れ出した理由は何か、私なりに詳しく分析していきたいと思います。

季節によって爆発的に売れる

レディースファッションアイテムで春夏に需要が高まるアイテムを扱っていたため、季節が暖かくなってきた4月頃から突然売れ出したのだと思っています。

実際この好調の売上は4月から7月までの4カ月続き、9月、10月とガクンと下がり、また11月、12月にグンと伸びています。

どんな商品でも1年間ずっと同じように売れるわけではなく、売れる季節、売れない季節という波があります。

約1年の販売実績とお客様からの高評価

私の場合、6月にBUYMA(バイマ)で出品し始めたので、約1年の販売実績を積んだ後の売れる季節(春夏)に突入したため、売上が上がったのだろうと思っています。

また特にBUYMA(バイマ)では、お客様からの高評価が売上を左右する重要なポイントだと思っています。

BUYMA(バイマ)では、お客様が安心してお取引を楽しんでもらえるように、総合的・具体的な評価および実績がページに表示されます。

《総合評価の材料となる主な要素》
・購入者からの総合評価(満足・不満・どちらでもない)
・購入者からの細かい項目(応対の丁寧さ・返信の早さ・梱包の丁寧さ)に関する評価
・買付け成功率(=キャンセル率)
・発送までの平均日数
・今までの取引件数

お客様は、その過去の評価を見ることで、到着までにどのくらいの日数がかかるのか?、購入者は届いた商品に満足しているのか?、梱包は丁寧なのか?等、このショップで安心して買い物ができるのかを知ることができるのです。

私は、迅速、丁寧をモットーに、お客様が喜んでもらえることを考えて対応するようにしています。

一つ一つの注文に対して丁寧で迅速な対応・梱包・発送を心掛けるのみです。毎回毎回の積み重ねが実績に繋がっていきます。

その評価の実績が購入してもらえることに繋がるのです。

1年以上の良い評価と販売実績の積み重ねが今回の売上増加に繋がったと思っています。

売上好調はいつまでも続くわけがない

4月からの好調も、5月をピークに少しずつ少しずつと下がってきたのです。
(といってもそれまでに比べると断然いいわけですが…)

人間というのは一旦いい思いをすると、元に戻ることを極端に恐れるものです。

このピークの現状をなんとか維持したいと思うのです。

多店舗展開でリスク分散と売上アップを目指すため、「Yahoo!ショッピング」でも出店することを考え始めたのです。

>>> 続きは… Yahoo!ショッピング プロフェッショナル出店に申請する